解体工事前の近隣挨拶は重要!近隣へ与える影響と流れについて解説!

解体工事を行う前に近隣住民への挨拶をすることは、工事の円滑な進行や安全性の確保につながるだけでなく、近隣住民との良好な関係を築く上で非常に重要です。近隣住民が工事の内容や進捗を把握していることは、工事全体のスムーズな遂行にとって欠かせない要素となります。



●解体工事で起こり得る近隣への影響             

解体工事には騒音や振動、ほこりの発生などが伴います。これらの要因が近隣住民に与える影響は大きく、不安や疑問を抱くことがあります。近隣挨拶を通じて、住民が解体工事の影響を理解し、工事に対する理解を深めることが重要です。

また、事前に挨拶を行うことで、住民の意見や要望を収集し、工事計画の改善や調整を行うことも可能となります。


解体工事を行う際には、近隣住民への挨拶をすることが非常に重要です。では、なぜ近隣挨拶が必要なのでしょうか?その理由を説明する前に、解体工事が近隣住民に与える影響を考えてみましょう。


解体工事には、以下のような影響が考えられます。


▼騒音・振動

建物の解体には、コンクリートを砕いたり、建物を壊したり大きな音や振動が発生します。これは近隣の住民にとって不快な要素となることがあります。特に、早朝や夜間に騒音が発生すると、住民の生活に影響を及ぼす可能性があります。

その為、大きな音や振動が発生する作業はできるだけ朝と夕方は避けるなどの配慮が必要となります。


▼粉塵やほこりの飛散

解体工事によって、建物や壁などの材料が破砕されることで、粉塵やほこりが発生します。この粉塵やほこりは風に乗って広がり、近隣住民の家や庭にまで飛散することがあります。粉塵は不快感を与えるだけでなく、健康への影響、洗濯物、車への被害も考えられます。

その為、養生の設置・散水・風の強い日にはできるだけ作業を控えるなどの配慮が必要となります。


▼害虫被害

建物の解体によって、昔から住んでいた害虫たちの生息場所がなくなります。その結果、害虫たちは近隣住宅に逃げ込む可能性があります。害虫被害は住民にとって大きなストレスとなります。

その為、工事前に家屋内の清掃、害虫駆除用の燻煙材・餌の使用等を行い事前に害虫を退治しておくことが大切です。


▼工事車両による交通の妨げ

解体工事には、大型の工事車両が必要なことがあります。これにより、通行道が一時的に妨げられることがあります。住民の方々は、通勤や買い物などで交通に影響を受けるかもしれません。


その為、通行止め等はう回路の作成、事前の説明が必要となります。


▼これらの影響を考慮すると、解体工事前の近隣挨拶がとても重要である理由がより明確になります。近隣挨拶を通じて、工事の内容や影響を住民に説明し、理解と協力を得ることができます。


近隣挨拶は、住民とのコミュニケーションの場でもあります。挨拶を通じて住民の不安や要望を聞き、可能な限り対応することで、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。例えば、工事の時間帯を住民の生活に配慮して調整したり、粉塵対策を徹底したりすることが挙げられます。


まとめると、解体工事の際には近隣挨拶を行うことが重要であり、近隣住民との円滑な関係構築に役立つと言えます。近隣挨拶を怠らずに、住民の理解と協力を得るよう心がけましょう。




●解体工事前の挨拶は誰が回る?タイミングと範囲       

近隣挨拶を行う主体は、一般的には施主と解体業者の両方が担当します。施主は工事の依頼主であり、住民との信頼関係構築に積極的に取り組むべきです。解体業者は実際の工事を行う立場であり、工事の詳細や安全性を説明する役割があります。

挨拶のタイミングは、工事が始まる前に行うことが一般的ですが、必要に応じて工事進行中にも挨拶を継続することが重要です。また、挨拶すべき範囲は、工事が直接影響を及ぼす近隣だけでなく、広い範囲の住民に対しても行うことが望ましいです。


近隣挨拶は誰が回るのか、回るタイミングと範囲について理解しておきましょう。


▼近隣挨拶はいつまでに?


近隣挨拶は、解体工事が始まる前に行うことが必要です。一般的には工事開始日の10日前から7日前までに近隣住民に挨拶に行くことがベストです。早すぎても忘れられてしまう可能性が有りますし、遅すても相手が対策等の準備時間を取る事ができません。

また工事が始まる前に挨拶を済ませることで、住民の方々が工事の内容や影響を事前に理解できるようになります。また、工事が始まる前に信頼関係を築いておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。


▼施主も挨拶回りすべき?


解体工事前の近隣挨拶は、一般的には解体業者が行いますが、施主も挨拶回りをすることが理想です。

施主は工事の依頼主であり、施主が挨拶に来ないことで不信感を抱く方も少なくありません。

解体業者と施主が一緒に挨拶回りをすることで、質問等をすぐに答えられるだけでなく安心感を与えることができるでしょう。


▼近隣挨拶の範囲は?


近隣挨拶の範囲は、工事が直接影響を及ぼす両隣だけでなく、最低でも向かい側の家・裏側の家(目安として3軒程)また工事車両が妨げる可能性がある住民に対しても行うことが望ましいです。

解体工事には、騒音や振動、粉塵の飛散などが伴いますが、これらの影響は工事現場の近隣だけでなく、周辺地域にも及ぶことがあります。その為、近隣挨拶の範囲を広げて、できるだけ多くの住民に工事の内容と影響を説明することが重要でトラブル防止にもつながります。

もし『ココの家は外せない』等ある場合は、事前に解体業者の方へ伝えておきましょう。



●解体工事前の近隣挨拶時に用意する物            

次に、近隣挨拶前に用意する物について詳しく見ていきましょう。


▼挨拶状


挨拶回りでは、相手が不在な場合がよくあります。

その場合には、挨拶状をポストへ投函しておくと良いでしょう。

相手が不在時のみならず工事の詳細を近隣住民の方へ伝えるのにも役立ちます。


以下は、挨拶状の記入例です。


御近隣の皆様へ
令和 〇年 〇月  〇日


        〇〇 様邸 解体工事のお知らせ
     工事開始日  令和 〇年 〇月 〇 日( 月 )

突然で恐れ入ります。標題の件についてお願い致したくご案内申し上げます。
当社では 〇〇 様邸の解体工事業務を開始致します。
つきましては工事中、皆様方に大変ご迷惑をおかけ致しますが、細心の注意を払って安全業務に努めてまいる所存です。何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

施  主: 〇〇 様

工事場所: 〇〇市〇〇町1-1

工事内容: 家屋解体工事

工  期: 令和〇年〇月〇日(月)から令和〇年〇月〇日(月)

工事時間: 午前9時~午後5時まで

施工業者:株式会社〇〇〇〇

施工業者住所:〇〇県〇〇市〇〇町1-1

施工業者担当者:〇〇 

施工業者連絡先:000-0000-0000



▼粗品や手土産


近隣挨拶において、粗品や手土産を必ず用意しなくてはならない物ではありませんが、挨拶時に何も渡さない場合、非常識に思われてしまう可能性もあります。


実際に粗品や手土産を持参すると近隣の方々に与える印象が良くなり、工事に対するご理解を得ることができやすくなることでしょう。


高価なものでは無く、日常的に使用できるものや相手がもらっても困らない物がおすすめです。


■洗剤
■石鹸
■タオル
■菓子折り


一般的には『ご挨拶』の外のしをつけて用意します。

その地域によってマナーが異なる場合が有るので事前に調べておきましょう。


●まとめ                          


解体工事前の近隣挨拶は、工事を行うのにに欠かせない重要な要素です。

工事の円滑な進行や安全性の確保・近隣住民との信頼関係を築くために、挨拶の重要性と必要な手順を理解し

近隣挨拶を丁寧に行うことで、地域との良好な関係を築くことができるでしょう。工事の前にしっかりとした準備と挨拶を行い、安心して工事を進めましょう。




※お問い合わせは弊社ホームページの『お問い合わせフォーム』からお願い致します!



ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

★お知らせ


株式会社エコプロデュースは、埼玉県を中心に、解体工事および土木工事、遺品整理、産廃回収を手掛けております。施工内容をしっかりとお客様と取り決め、トラブルのない施工を行ないますので、解体工事・土木工事、遺品整理、産廃回収の手が必要な際はお気軽にお問い合わせください。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-